(3月11日時点 空室最新情報) 「馬場」男子1名、「糸」女子2名、「泉」女子1名

大学受験も残すところ後期日程の試験のみになりました。ラストスパートをかけている生徒さん、親御さんを陰ながら応援しています。

さて、九大生に特化した学生寮(シェアハウス)ですが、最新空室状況をお知らせし、物件毎に、以下ご紹介します。

費用面の利点などもあり、埋まってしまう可能性がありますが、次期空き状況などもお答えできますので、まずはお問い合わせくださいませ。

計4名の小規模の男子学生専用学生寮(シェアハウス)で、糸島のシンボルの一つである可也山(糸島富士とも呼ばれています)を一望できる立地や、多読家でまちづくりコンサルタントの元代表であったオーナーが所有する書籍の一部(約4,000冊)がリビングに所蔵されており、これが読み放題という知的好奇心の旺盛な九大生にとって、贅沢な住環境をウリにしています。

蔵書のラインナップは多種多様で、小説、エッセイから新書、ビジネス書までとても幅広いです。新しい本もたくさんあります。

 

九大 学生寮 シェアハウス 内観

↑私が学んだグロービス経営大学院(社会人大学)の久保田先生から、寄贈頂いた「ビジネス」、「志」に関する本も並んでいます。

↑五木寛之や星新一など、読み応えのあるものからショートノベルまで幅広い。

↑ビジネス書や自己啓発関係の書籍も多数あります。
↑新書系も大量。現寮生がきれいに並べてくれました。

隣に住んでいるオーナーもいつも寮生を気にかけてくださり、雨や台風の時の戸締りなどの声掛けも行ってくださっています。

 

築150年の”超”古民家で、計8名の男女兼用の学生寮(シェアハウス)です。
本邸宅は、護国神社(福岡市)を建てた宮大工が建築した建物で、とてもしっかりとした造りです。主屋は明治初期に建てられました。所有者のお父様やお爺様は当時村長をお勤めになった方で伝統のあるお家柄です。アンティークな箪笥階段や趣向を凝らした欄間があり、誰もを魅了します。

女子部屋(最大3人)17畳もあり、天井が高く、より広く感じる。

女子部屋は2階になり、相部屋(3人部屋)ですが、17畳という大きな居室に加え、女子専用のリビング(約15畳)とウォークインクローゼット(約11畳)が女子の専有部分になりますので、窮屈な感じは全く感じません。

女子専用リビング 化粧台、テーブル付き。
女子専用ウォークインクローゼット 11畳と十分な広さ。

 

熱風寮シリーズ4棟目の物件で、最も駅に近い物件です。写真からもわかるよう豪華な純和風建築で、築年数はまだ比較的新しく1989年築の建物です。周囲は閑静な住宅街で、コンビニ(ローソンやセブンイレブン)やスーパー(西鉄ストア)、銀行、郵便局も近くにあり生活がしやすい場所に位置します。その分熱風寮シリーズ内では少し家賃が高めの設定ですが、周囲の学生用マンションと比較すると割安(月0.5~1.0万円程度割安)です(家具家電付きを考慮するとさらに経済的です)。

外観 立派な純和風建築です

1階居室部分に個室が5部屋、同2階部分に同3部屋用意されております。最大8人の学生が一つ屋根の下に住むことになりますが、シャワールーム1つ、バスルーム一つ、洗面台2つ、トイレは3つと十分に整っており、水回りはしっかりしています。リビングダイニングでは寮生がゆっくりと寛ぐことができます。

今回募集する部屋(202号室)は2階の真ん中のお部屋です。和室スタイルとなり、落ち着いた雰囲気です。

202号室 畳がいい人はココ。押し入れ収納が充実

部屋干しワイヤーが各個室に設置されており、部屋干しも簡単にできます。各部屋には個別に鍵が付いています。
寮生は、日本人学生に加え、モンゴル、タイ、中国の出身の寮生がいて、異文化交流をしたい学生には魅力的だと思います。

よく「男女一緒の寮が心配です。大丈夫ですか?」と聞かれることがありますが、「みんな九大生ですし、入寮面接を行っているので素行が悪い学生は基本的に住んでいません。また同じ寮に住んでいて、もし他の寮生に迷惑を及ぼすような行為をすれば、その人はその寮に入れなくなるので、抑止力が働きます。もちろん管理人として、迷惑行為が発生したら毅然と対応します。退寮してもらうこともあります。ただし、純粋な恋愛は拒むことはできませんが。」と答えています。

リビング・ダイニング ソファやマッサージチェアで寛げます(今は炬燵スタイルになっています)

地域との関りも大切にしている本寮。以下のような学生に是非住んでほしいと思っています。

・「家」と「大学」の往復では満足しきれない、好奇心旺盛な学生
・「地域や地域の人」と関りをもち、多様な大人と出会ってみたい学生
・学年や学部、国籍を越えた友人や先輩後輩とつながりたい学生
・自分の幅を大学生のうちから広げたい学生
・管理人の私を通じて、「大学の先」を早いうちに考えたい学生

問い合わせは、私の携帯番号(09079828930)へ直接電話しても構いませんし、こちらの問い合わせフォームからご連絡ください。